お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

【理科実験教室】アンモニアによる赤い噴水?

大分セントポルタ校

9月の小学5・6年生の理科実験では、
水溶液の性質について勉強しました。

酸性・中性・アルカリ性について調べる薬品(指示薬)として、
BTB液やフェノールフタレイン液があります。

BTB液は、酸性で黄色、中性で緑、アルカリ性で青を示します。
BTB液の反応

 

 

 

 

 

 

また、フェノールフタレイン液はアルカリ性でのみ赤く染まります。
次の写真はこの性質を使った「アンモニアによる噴水」実験です。

丸底フラスコに入っているアンモニアが水によく溶けるので、
フェノールフタレイン液が入った水が噴水のように吹き上がり、赤く染まります。
勢いよく、みんなビックリ!

アンモニアによる噴水実験

理科実験教室では、こうした中学校で行う実験もさきどりして行っています。

興味がある方は、どうぞ。