お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

プラス20点!

大分セントポルタ校

ごきげんよう。別府校高校部 国語科担当の佐藤です。

体育祭や文化祭を終え、3年生はもう、志望校が絞られている頃でしょうか?

1年生は、文・理のコース選択、2年生は、3年生でのコース選択で、

入試に使う科目を選んでいるところでしょうか?

いずれにしても、自分が目指す大学に合格するために、必要な点数を調べて、

どの科目を何点取ればよいか考えて、足りないところがあれば、

埋めていくことになります。

共通テストの国語を200点満点で考えて、1⃣評論・2⃣小説・3⃣古文・4⃣漢文

全て必要な場合を考えてみます。共通テストの目標が、6割だったとして、

120点必要です。各大問50点満点として、30点ずつ取れていれば良い

ということになります。

しかし、まんべんなく、どの分野も6割取れるということは、そうそうないと

思います。国語に苦手意識を持つ人の多くは、現代文の1⃣・2⃣で各40点近く取って、

3⃣・4⃣の古文・漢文・が10点台、20点台で、受験が近くなって、国語の勉強に

焦りを覚えるように思います。100点くらいなら取れるのに、なかなか120点

には手が届かない、という人を多く見かけます。

そこで、足りない残りの20点をどう稼ぐか、ということになります。

手っ取り早い上に確実なのは、古文の文法・漢文の句法を見直すことです。

必ず現代語訳の仕方が決まっていますから、文法・句法の何を聞かれている問題か、

ということに注意を払うのです。

問題の数としては、文法関係は古文・漢文それぞれに2問ずつくらいなものです。

20点足りない、と思うと難しい気がするかもしれませんが、それほど難しい

ことではありません。たった2問ずつ、文法に注意して解きさえすれば、

確実に取れるはずなのです。

少しは、気持ちが楽になりましたか?ものは考えようです。

「できる」と実感したら、自分が思っていいるよりも点数が伸びたりします。

できないはずはないぞと、自分に言い聞かせて、自分を信じてみてください。

一緒に頑張りましょう。

応援する人のイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 いらすとや