お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

入試に役立つ理科実験「ろ過による混合物の分離」

大分セントポルタ校

こんにちは。理科実験教室を担当している望月です。
今回は、入試によく出る「ろ過」についてです。

ろ過

ろ過は、
・水に溶けていないもの
・水に溶けたもの(水溶液)
の「混合物」を、分離するための操作です。
ろ過の図

 

こまかな穴があいている「ろ紙」。
その穴より大きな粒(水に溶けていない)は、ろ紙に残り、
水に溶けているもの(水溶液)は、下にでてきます。

この、ろ過された「水溶液」のことを、「ろ液」といいます。

ろ過で気をつけることは、「液をぽたぽた落とさない」ことです。

そのため、
・ガラス棒などを伝わらせてろうとに注ぐ。
・ろうとの足の部分を、下のビーカーの壁にくっつける。
など配慮します。

※図のように棒をあてると、
てこの原理で、ろうとの足が押し当てられます。
反対向きにしてしまうと足が離れてしまいますね。

ろ過は、分離方法の一つです。
他の方法も調べてみるとよいですね。