お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

入試に役立つ理科実験「溶解と再結晶」

大分セントポルタ校

こんにちは。理科実験教室を担当している望月です。
水に物質が溶けることを「溶解」といいます。

溶け残り

しかし、どんどん溶かしていくと、溶け残りがでてきます。
これは溶ける「限度」があるからです。

一定の量(100g)の水に溶かすことができる限度の量その物質の「溶解度」といいます。
これは決まった量で、物質により違います。
・水に溶けやすい物質
・水に溶けにくい物質
があるのは、そのためです。

溶け残ったらどうすればよいのでしょう?

・加熱して温度を上げる。
こう思い浮かべる人が多いですね!
そのとおりで、実は、溶解度は水の温度によって変わるのです。

さきほどの溶け残ったものを加熱すると、
下の写真のように溶けてしまいました。

水溶液

このまま置いておくとどうなるでしょう?

水溶液の温度は、置いておくと下がってきますね。
ゆっくり冷えていくと、中に何かでてきます。
出てきたものを取り出してみると、
結晶
元の粉ではなく、かたまりとしてでてきます。
こうして出てきた、物質によって決まった形のかたまりを、「結晶」といい、
一度温度を上げて溶かしたあと、冷やして結晶を取り出す方法「再結晶」といいます。

ゆっくり冷やすと、大きな結晶ができるので、
写真のようになるのですね!