お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

入試に役立つ理科実験「酸性とアルカリ性」

大分セントポルタ校

こんにちは。理科実験教室を担当している望月です。
今回は、入試によく出る「酸性とアルカリ性」の話です。

紫キャベツ液の反応
これは、紫キャベツ液(指示薬の一つ)で、
・酸性
・中性
・アルカリ性
の水溶液を調べたときの写真です。
そもそも酸性・アルカリ性って何でしょう?

まず、これは「『ある物質』が溶けている水溶液」の性質です。
このある物質は水に溶けていない時は、酸性でもアルカリ性でもありません。

水に溶けた瞬間から、酸性の性質をしめしたり、アルカリ性の性質を示します。
つまり、水溶液の「中」に秘密があるのですね。

たとえば、気体の塩化水素は、化学式HCl ですが、
気体の状態では、酸性ではありません。

これが水に溶けると、
イオン
イオンに分かれます。

これが塩化水素水溶液・・・塩酸です。
塩酸のなかには、水素イオンがありますよね。

これが、「酸性」の性質を示す理由なのです。

水に溶けて初めて酸性・アルカリ性を示すということを、もっと調べてみると、
いろいろなことがわかるかもしれませんよ。