お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

入試に役立つ理科実験「酸素の性質」

大分セントポルタ校

こんにちは。理科実験教室を担当している望月です。
今回は、気体の性質
特に「酸素」についてです。

人間が生きていくにも大切な酸素は、
空気中にどのくらい含まれているでしょうか?

(1)約50%
(2)約20%
(3)約10%

答えは(2)です。意外に少ないですね。

大気の成分
酸素は動物や植物が常におこなっている「呼吸」で、
生きるために必要なエネルギーを生み出すことに使われています。

また、酸素は「ものを燃やすはたらき」があります。
これは酸化(物質が酸素と結びついて酸化物をつくる)の際に、
激しい酸化ほど、光と熱をだす。これを「燃焼」というのです。

空気中ではなく、酸素がもっと濃い中でものを燃やすと?

激しい酸化

ガラスびん(集気びん)の中を酸素で満たし、
火のついた線香をいれてみると、火花を散らしながら燃えます。

これは酸素が空気中より濃いためにおこる現象ですね。

他の気体についてもいろいろ調べてみると
興味深い発見があるかもしれません!