お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

入試に役立つ理科実験「電流による磁界のはたらき」

大分セントポルタ校

こんにちは。理科実験教室を担当している望月です。
今回は、入試にもよく出てくる「電流による磁界」についてです。

コイルづくり
エナメル線をぐるぐる巻いてコイルをつくります。
このコイルに電流を流すと、電流による磁界が発生します。
つまり、「電磁石」になるわけですね。

コイルの巻き数が多いほど、
また、巻いている密度が大きいほど、
磁界の強さは強くなります。

つくったコイルを紙コップの底に固定します。

手作りスピーカー
エナメル線の端に、イヤホンジャックの線を取り付けます。
最近のイヤホンはステレオなので、
片方の線だけを使い、
取り出した中の線
(片方に2本ずつ入っています)
にそれぞれエナメル線の端(エナメルをはぎとって)を結びつけます。

iPadなどのイヤホン端子につなぐと、
・イヤホン端子から電流が流れる。

・コイルから磁界が発生する。

・コイルのそばに強力な磁石を近づけると、磁石と「コイルの磁界」の間で、
「引力(引き合う力)」と「斥力(反発しあう力)」が発生して振動する。

・振動が紙コップ内の空気をふるわせて「音」となり聞こえる。

コイルと磁石だけで音が聞こえるのは、とても不思議です。
身近にあるもので知っている道具をつくってみると、とても興味深いですね。

※強力な磁石は電子機器や電子カードに影響を及ぼすので注意が必要です。
※イヤホンの線はとても細くまたエナメルがついているので、よく接触させないと音は聞こえません。