お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

理科実験教室“ラボ・スタジアム”「ろ過装置」

大分セントポルタ校

こんにちは。理科実験教室を担当している望月です。
中学校理科でもよく行うのが、
・ろ過
の実験です。難しい漢字で書くと「濾過」と書きます。
・・・濾す(こす)・・・液体を布などでこして、不要なものを除く、という意味。

ろ紙という非常に細かい網の目状の紙を使って
「水の中に混ざっているもの」をこしとります。

ろ過装置

写真のように「ろうと」にセットした「ろ紙」の上から、
「ガラス棒」をつたわらせて、液を注ぎます。

すると、ろ紙の網の目を通らなかったものは、上に残り、
通って下に出てきた液(ろ液 といいます)には含まれないわけです。

ろ紙にはいろいろな種類(網の目の細かさ JIS P3801によって細かく規定されている
があるので、それらを使い分けると、
よりきれいな液を分離することができます。

上の写真の実験をした人は、
「ガラス棒をあてる方向」もみごとな
(てこの原理でろうとの足(下の部分)をビーカーの壁に密着させている)
ろ過です。すごいですね!