お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

理科実験教室“ラボ・スタジアム”「ブロッコリーのDNA」

大分セントポルタ校

こんにちは。理科実験教室を担当している望月です。
今回は、
・DNAの抽出 実験についてです。

DNAという言葉は聞いたことがある人が多いかもしれません。
略されている本来の名前は「デオキシリボ核酸」といいます。
親から子に伝わる遺伝子に関係していてすべての生物(植物・動物)の細胞の中にあります。

DNAとは

実験では、この「DNA」をとりだしました。

・凍らせたブロッコリーの芽の部分をすりつぶす。
・「抽出液」を混ぜ、ろ過する。
・冷やした無水エタノールを静かに注ぐと、ろ液とエタノールの境目に白い物質が浮かび上がる。

出てきたDNA

白い繊維状のものが「ブロッコリーのDNA」です。

スポイトで吸い取り、ろ紙の上にひろげて
・酢酸カーミン溶液・・・核の染色体に色をつける薬品
を注ぎます。

すると、とりだしてひろげた繊維状のものが染まります。
染まったDNA

ろ紙(紙)は染まらないので、
赤く色がついた部分は、ブロッコリーの核(染色体)から取り出したDNAといえます。

理科実験では、こういった
・生物分野と化学分野
をまたいだ実験・観察もおこないます。

実験した生徒のみなさんも、
もっといろいろなDNAを調べてみたいという感想をレポートに書いていました。
未来の科学者につながるかもしれませんね!