お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

理科実験教室“ラボ・スタジアム”「モノコード」

大分セントポルタ校

こんにちは。理科実験教室を担当している望月です。
今回は、
モノコード・・・1本(モノ)の弦(コード)でできている楽器
のしくみを使った実験の話です。
3本の弦を張った実験

写真のようにプラスチックトレイを2枚重ねしたものを「胴(音を響かせる部分)」に、
輪ゴムを「弦」として張っています。
・・・3本の輪ゴムは、張る強さを変えています
・・・強く、少し強く、弱く

黒いダブルクリップは輪ゴムに通してあり、位置を変えられるようにしています。

弦の弾き方

こうやって、
・クリップを移動させ、トレイに押し付ける。
・もう片方の指で、弦(輪ゴム)をはじく。
と、輪ゴムが振動して音がでます。・・・トレイに伝わって音は増幅されます。
これが、「弦楽器」のしくみです。

音を大きくする方法
・弦を強くはじく→振動を大きくする。

音を高くする方法
・強く張った弦をはじく。
・クリップを移動させて、弦を短くする。
振動を速くする。

ギターやバイオリンなど、弦楽器の演奏法にもなります。
演奏している人を見るとわかるので、見てみましょう。