お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

秋といえば、、、

別府校

秋といえば、思い出すのは何ですか?

受験生には特に、思い出してもらいたいのが、「秋の七草」

『万葉集』で、山上憶良が詠んでいる旋頭歌にあります。

「萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 女郎花また藤袴 朝顔の花」

注意しなければならないのが、「朝顔」です。

桔梗(ききょう)の花を指します。

秋の花といえば、他にも、けいとう・ひがんばな・りんどう・きく・

つゆくさ・むくげなどがあります。

間違いやすいのが、旧暦の行事です。

七夕(たなばた)は、旧暦七月(文月 ふづき)なので、秋の季語です。

十五夜も旧暦の八月十五日なので、

現在の九月が中秋の名月になるわけです。

旧暦の七・八・九月、立秋から立冬の前日まで

(新暦八月八日頃~十一月七日頃)が、秋なので、

盂蘭盆会も秋ということになります。

秋の虫の名前も、覚えておくとおもしろいですよ。

平安時代の虫の名前で、現在とは逆になっているものがあります。

今の鈴虫は、平安時代には松虫と呼ばれており、

今の松虫を鈴虫と呼んでいたのだとか。

こおろぎときりぎりすも、同じように、逆の呼び方でした。

清少納言の『枕草子』では、「秋は夕暮れ」と書かれており、

夕日がさす中に飛ぶ烏や雁の群れを興味深く眺めており、

日が沈んでからの風の音や虫の音を趣深いと述べている。

その、美しいとか風情があるといった感覚は、平安の昔から

受け継がれているのかもしれませんね。

 

 

この記事を書いた学校

別府校
別府校