お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

違っていて当たり前

別府校
「昔話は、長いあいだ人々の口から口へと語り伝えられることを
本義とするものですから、これでなくてはならないという枠に
はまった形がある道理がありません。ただあるのはこれらの
昔話を生み育ててきた日本の土壌と人間の営みを、いかに
大切にして語っているかということでしょう。」
(『ももたろう』みんなでよもう日本・世界の昔話
チャイルド本社 あとがき こわせ・たまみ著より)
「『真実はいつもひとつ』ではないかもしれない」
とは、こういうことです。
わたし達のよく知っていると思っている『ももたろう』の
お話も、きっとお互いに話してみると所々に
違う箇所が出てくるはずです。
違っていて当然なのです。
その違いを楽しむことも、大切なことかもしれません。
昔話に限らず、誰かと違うことは当たり前。
周りと自分の意見や考え方が違っていても、
恥ずかしがったりする必要はないし、
自分と違う考えの人を、「間違っている!」
と責めたりする必要もないということです。
しかし、答えが一つしかないものもたくさんあります。
試験問題では、基本的に誰が答えても同じ答えになることを聞かれます。
「私はそう思わなかった」は通用しないので勉強しましょう(笑)