お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

menu

慶林館

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

大分・中津・別府の個別指導

12月=師走とは・・・?

大分セントポルタ校

こんにちは。

慶林館小学部担当の佐々木です。

 

12月も半分が過ぎ、今年もあとわずかとなりました。

12月のことを昔は「師走(しわす)」と言っていたのですが、

なぜでしょうか・・・?

 

漢字で考えていくと、

「師」が「走る」というイメージがわくと思います。

年末で忙しく、バタバタと走り回っている感じですね。

それでは、この走り回っている「師」とは誰のことなのでしょうか?

 

「師」とは「僧侶」を指します。

昔は年末に師匠である僧侶が、お経をあげるために東西を駆け回ったため、

「師匠」が「走る」月で、「師走」となった説が有力です。

この師走という言い方は、平安時代にはすでに広まっていたようです。

急いで入るお坊さんのイラスト(師走)

他にも、年が果てる(終わる)という意味の「年果つ(としはつ)」が、

「しはす」に変化したという説や、

四季の果てる月を意味する「四極(しはつ)」を語源とする説、などもあります。

 

ちなみに他にも12月の呼び方があるので紹介しておきましょう。

「晩冬」・・・「冬の終わりの月」という意味です。

※旧暦では1~3月が春、4~6月が夏、7~9月が秋、10~12月が冬になります。

「春待月」・・・上記との関連で、師走の次は、春の暦である1月となるので、

春を待つ月という意味合いから。

「苦寒」・・・旧暦の師走は立春の直前となり、もっとも寒さが厳しい時期です。

寒さに苦しむという意味から。

「三冬月」・・・旧暦10月から続く、3番目の冬の月ということから。

 

このように、まだまだいろいろな呼び方があります。

昔の人々の感性は鋭いものがありますね。

興味のある人は調べてみてください。