学習能力向上など様々な可能性を引き出す個別指導の慶林館の速読講座をご紹介

お電話はこちら

メールでのお問合せ

大分・中津・別府の個別指導

>>高入研はこちらへ

telmail

慶林館Facebook

慶林館Twitter

慶林館Twitter

慶林館Twitter

高入研

menu

慶林館

大分・中津・別府の個別指導

慶林館の速読で学習能力向上!

お気軽にお問い合わせください
お気軽にお問い合わせください

  速読ってなに?

斜め読み・飛ばし読みではない速読

速読とは、「普段と同じ感覚のまま、読む速度を加速すること」をいいます。トレーニングでは誰にでも備わっている脳の性質を活かし、 「普通の読み方(音読・黙読)」から、高速かつ長時間でも負担のない「速読の読み方(視読)」へと移行させます。

読書と速読の違い

  速読の理論

脳の2つの性質を活用!

可塑性

外部からの刺激に柔軟に対応する性質のこと。トレーニングでは高速で流れる文字を見ることで、刺激をあたえます。

可塑性

 

汎化作用

ひとつの能力が活性化すると、他の能力も連鎖的に活性化していくこと。
トレーニングでは高速で流れる文字を見ることで、刺激をあたえます。

汎化作用

 


 

速読の効果

処理能力UP

受験当日に実力を発揮できる!

読書速度が速いほど処理能力も高くなり、試験時間を有効的に使うことができます。

平成28年度 大学入試センター試験問題

約23,870文字(国語)

速書速度

 

処理能力UP

全教科の学習をより効果的に!

読書速度が3倍になれば、1時間で1回しか読めなかかったテキストが3回読めるようになり、学習量の蓄積と定着につながります。

偏差値と読む速度グラフ

 

学習基礎力UP

読む・書く・聞くが向上する!

「読む」スピードを加速させると、「聞く」「書く」能力の向上も期待できます。また、読書経験が増えると「語彙力」「表現力」の向上にもつながります。

スポーツにも役立つ

  教室紹介

授業風景

モニター

スポーツにも役立つ

トレーニング画面

 

トレーニング結果はグラフや数値で確認!

毎月成果チェックや検定などを行うので、自分自身の成長を実感しながらトレーニングできます。

トレーニング結果

 


 

基本のトレーニングを体験

目の動きを鍛えたり、読書速度に合わせたトレーニングで、読み方のクセを変える、「速度」の基本のトレーニングです。

オートトレーニング

速読トレーニング画面

 

解くレーニング

好きなレベルを選んで問題にチャレンジしよう!

トレーニング画面

  メディア掲載紹介

●あさイチ(NHK) ●シャキーン!(NHK) ●とくダネ!(フジテレビ系列) ●所さんの目がテン!(日本テレビ系列) ●プレジデントFAMIRY ●日経新聞 ●週刊SPA(扶桑社)他 多数のメディアで紹介!!

  先生からのメッセージ

鈴木先生

 

模試や入試が終わった後、生徒から「先生、時間が足りなかった」という声を聞くことがあります。 そんな時に「速読を受講させたい」と強く思います。単純に読むスピードさえ上がれば、まだ解ける問題、正解にできる問題が増えていきます。

テストにおいて効果があることは間違いありません。

また、受験前に習得していれば、学習効果が上がり、限られた時間で今までこなせなかった勉強量を消化することができるでしょう。 習得しておけば何かと得をする速読は本当にお勧めです。

慶林館 鈴木

中学生写真

 

小6

文章や問題が速く読めて、記述問題も落ち着いて解く姿勢を身につけることができました。 入試本番では文章を速く読み、問題の理解がしっかりとできたため、きちんと問題が解けました。受験をしなくても速読というのは大切だと思います!

 

中3

文章の多い問題を速いだけでなく正確に読むことができるようになりました。 特に国語の偏差値は20上がり、本番では見直す時間もできたので、自信を持って受験に臨むことができました。速読はテストだけでなく、 普段の勉強にも役立ちます。

 

高3

何度も読み返すことがなくなったので時間の短縮につながりました。 画像のように文書を記憶し、呼び出すことが簡単にできました。速読甲子園は盛り上がるので、ぜひ出場してください

  速読成功例

国語の偏差値アップ

悩み

Q&A

Q.本当に画面を見ているだけでいいのですか?

A. はい。画面を見ているだけで大丈夫です。逆に凝視したり無理に読もうとするとトレーニングの効果が半減してしまいます。 一番のポイントはリラックスすることです。 他のことを考えてもいいですし、話しながらトレーニングしても構いません。

Q.本当に内容が理解できていますか?

A. 当協会の速読法は「飛ばし読み」や「斜め読み」ではなく、以前と変わらない理解度を維持して、 読む速さだけを上げる速読法ですので、これまで通りの理解度で、無理なく速く読む事ができます。

Q.読書速度は誰でも伸びますか?

A. はい。個人差はありますが、ほとんどの人が確実に2〜5倍以上伸びます。10数倍以上に伸びる人もいます。

Q.「速読」で理解度は落ちませんか?

A. 落ちません。速読トレーニングでは常に「理解度」を重視しているため、 それに基づいたトレーニングとトレーニング効果確認する3つの検定を実施しています。

Q.速読は入試に有利ですか?

A. はい。とても有利になります。最近の国語の傾向の1つとして、文章の長文化が挙げられます。 読む時間が短縮できれば、解答や見直しに時間を割けるため、とても有利になります。

  各種検定・甲子園紹介

2016年度速読イベントカレンダー

速読イベントカレンダー

pdfアイコン イベントカレンダーのダウンロードはこちら

お気軽にお問い合わせください
お気軽にお問い合わせください